住宅を建てる極意

住宅を建築する際は遠慮は必要ない

住宅は一生で一番高価な買い物とも言われています。しかも多くの人は住宅の購入や建築は人生でたった一度、多くても二度の経験です。ですから住宅建築に関する知識を持っていなくても当然なのです。数十年の年月が経てば常識であったことも非常識になってしまいます。価格ももちろん当時とは物価も異なれば住宅価格の相場も全く異なるのです。このように多くの人にとって住宅建築は知識がなく行う場合がほとんどなのです。しかしほとんどの人はわからなくても誰にも聞けずに問題解決することなく話が次のステップへ進んでしまいます。場合によってはインターネットなどで情報を得ることができることもありますが、注文住宅における悩みは人によって全く異なり解決できないものも多くないのです。

住宅業界と注文住宅会社の今後

注文住宅の一軒当たりの建築費用は2014年には前年を上回っています。とはいえ新築住宅の販売件数は人口の減少などにより年々右肩下がりの傾向にあります。更に空き家問題も深刻化し、政府も国としてもこうした問題の解決に力を入れるという動きがみられます。こうした空家もマイホームの一つの候補となれば当然注文住宅の販売戸数はさらに減少傾向に拍車がかかってしまいます。 建築会社からすると受注量が減っても社員の数やかかるコストは何もしなければ変わりません。そうすると当然会社としては立ち行かなくなり倒産となってしまいます。そうならないためにもコスト削減や新しい方針を打ち出すなど企業としてより独自の魅力を追求する必要があるのです。更に選択する顧客側の目が肥えてきたこともありホンモノしか生き残ることができません。注文住宅を建築した後もしっかりとしたアフターケアを受けるためには数十年と存続する建築会社を選択する必要があるのです。

注文住宅の魅力

注文住宅の魅力といえば全てが自由であるという点です。名前の通り全てを注文して決めていくため手間暇掛かりますが、出来上がった住宅は唯一無二の自分だけの住宅になります。勿論その分価格は高くなります。

続きを読む

流行りと活用

マンションなどは設備と耐震性が高いことがトレンドとなっています。また、最近では賃貸契約の際にンターネットの賃貸情報サイトから直接申し込みが可能になっており、とても便利です。

続きを読む

賃貸マンションの魅力

賃貸マンションと持ち家ではどちらがお得か考えることもあるでしょうが、賃貸マンションならローンや初期投資がいらない分、気軽に住むことが出来ます。また自由に移動することが出来る点もあります。

続きを読む

2期工事にする利点

新築注文住宅の施工を2回に分けると屋根裏収納や太陽発電パネルの設置など付帯設備の設置工事を施工後に決めることが出来るため、一定のニーズがあります。勿論建てる住宅内容によって向き不向きが存在します。 続きを読む

光熱費を下げた住宅

太陽光発電など光熱費を削減しようという試みを数多く存在します。最近では注文住宅でこれら設備を予め設置する方も多く存在します。初期投資はあるものの数十年で減価償却する事ができるので、長い目で見ることが大切です。

続きを読む