注文住宅の魅力

注文住宅の魅力ついて

注文住宅は全国的に一定数の信者がいます。住宅を造るなら注文住宅一択という考えを持っている人が一定数いるわけです。 それは注文住宅には賃貸住宅や建売住宅にはない魅力があるからです。 では、注文住宅の魅力とはなんでしょうか。 注文住宅の魅力は自分たちで自由に設計することが可能な点です。これは、一種のオーダーメイドです。20年、30年、それ以上に住む住宅ならばオーダーメイドにしたいと言う人も少なくはありません。 特に設計するときの希望を住宅という空間の中に当てはめる作業はまるでパズルのように感じるのではないでしょうか。 例えば、住宅の中に書斎を作りたいという場合やその書斎をどこに置くかということも楽しみになるのです。

そのデメリットについても知っておこう

このように注文住宅には自由設計という子供の頃から憧れていた設計の家に住むことができるのはとても素晴らしいことです。 ですが、注文住宅にはお金がかかるという現実も認識しなければならないところです。 例えば、広さや住環境、設備が全く同じ注文住宅と建売住宅があった場合には、後者のほうが2割から3割は価格が高いのです。 これは、注文住宅に憧れている人でも結構大きな問題で、ローンを組むときには金利も発生することを考えるとそれ以上の金銭面での差が出てしまいます。 ちなみに、住宅を購入する場合は、その年収の5倍までがゆとりある暮らしが実現できる額と言われています。金利を含めて4000万円の注文住宅は、800万円の年収が必要ということになります。